法語カレンダー  

●「耳が聞くのではない全身が耳となる」
     (真宗教団連合・法語カレンダー1994平成6年6月)
 (安田理深(やすだ りじん)1900年 兵庫県生まれ。真宗大谷派僧侶。1982年逝去。法語は『言の教学』(文明堂)から)

●「そのままと仰(おお)せらるるに、そのままになろうと、かかり、ひとり苦しむ」
     (真宗教団連合・法語カレンダー1995平成7年5月)
 (木村無相(きむら むそう)1904年 熊本県生まれ。1984年逝去。法語は『続念佛詩抄』(永田文昌堂)から)

●「見られたことは見られただけのものであると知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことは また同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別されただけのものであると知ったならば、苦しみが終滅すると説かれる。」
(ブッダの『感興のことば(ウダーナヴァルガ)』17岩波文庫33-302-1)仏教の源に最も近い仏典。(世界で初の完訳)

●「本当のものが、わからないと本当でないものを本当にする」
真宗教団連合・法語カレンダー1990年・平成2年10月・安田理深(やすだ りじん)1900年兵庫県生まれ。真宗大谷派僧侶。1982年、逝去

●「凡夫(ぼんぶ)だからというのは自己弁護だ」
真宗教団連合・法語カレンダー1992年・平成4年5月・安田理深(やすだ りじん)1900年兵庫県生まれ。真宗大谷派僧侶。1982年、逝去。法語は、『自己に背くもの』(文永堂)から

●「すべての日暮らしが南無阿弥陀仏である」
真宗教団連合・法語カレンダー1997年・平成9年4月・暁烏 敏(あけがらす はや)1877年、石川県生まれ。真宗大谷派僧侶。1954年、逝去。法語は『魂萌ゆ(いのちもゆ)』(東本願寺出版部)から

●「今を、永遠(えいえん)に生きることが肝要(かんよう)」
真宗教団連合・法語カレンダー1987年・昭和62年5月・佐々木蓮麿(ささき はすまろ)1896年、滋賀県生まれ。真宗大谷派僧侶。1978年逝去

●「過去を、いたずらに追うてはならぬ未来を、いたずらに待ってはならぬ」
真宗教団連合・法語カレンダー1992年・平成4年12月・南荘乗生(なんじょう じょうしょう)1925年、静岡県生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。1987年、逝去

●「代償を求める、必要のないのが念仏者」
真宗教団連合・法語カレンダー1992年・平成4年6月・佐々木蓮麿(ささき はすまろ)1896年、滋賀県生まれ。真宗大谷派僧侶。1978年逝去

●「世界虚空(こくう)が、みなほとけ、わしもそのなか、なむあみだぶつ」
真宗教団連合・法語カレンダー1985年・昭和60年5月・浅原才市(あさはら さいち)。島根県生まれ。昭和7年逝去

●「如来が私のいのちに、なりきって救いたもう」
真宗教団連合・法語カレンダー1990年・平成2年4月・梅原真隆(うめはら しんりゅう)1885年、富山県生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。1966年逝去

●「よろこびは世界にみちて心にみちて、せかいも、こころも、なむあみだぶつ」
真宗教団連合・法語カレンダー1986年・昭和61年1月・浅原才市(あさはら さいち)。島根県生まれ。昭和7年逝去

●「生も死も、すべて、み手のまんなかです」
真宗教団連合・法語カレンダー1994年・平成6年12月・東井義雄(とおい よしお)1912年、兵庫県生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。1991年逝去。法語は『老よ、ありがとう』(樹心社)から

●「永遠に亡(ほろ)びないものが只(ただ)一つ私の上に活躍して下さってある」
真宗教団連合・法語カレンダー1988年・昭和63年7月・足利淨圓(あしかが じょうえん)1878年広島県生まれ。1960年逝去

●「私というものは私の思いより、もっと深い意義をもっている」
真宗教団連合・法語カレンダー1989年・平成元年11月・安田理深(やすだ りじん)1900年兵庫県生まれ。真宗大谷派僧侶。1982年、逝去

●「本当の私に遇(あ)えた、よろこびの叫(さけ)びが南無阿弥陀仏」
真宗教団連合・法語カレンダー1996年・平成8年11月・米沢英雄(よねざわ ひでお)1909年福井県生まれ。医師。1991年逝去。法語は『信とは何か』(柏樹社)から

●「人間は一生を通して誰になるものでもない自分になるのだ」
真宗教団連合・法語カレンダー1990年・平成2年1月・仲野良俊(なかの りょうしゅん)1916年、京都市生まれ。教学研究所長など歴任。1988年、逝去

●「いだかれて、ありとも知らず、おろかにも、われ反抗す大いなるみ手に」
真宗教団連合・法語カレンダー1993年・平成5年5月・九条武子(くじょう たけこ)1887年、京都市生まれ。浄土真宗本願寺派21世明如(光尊)上人の次女。1928年、逝去。法語は、『無憂華』(本願寺派仏教婦人会総連盟)から

●「仏心の華(はな)咲く道が、すでにして、この私にも与えられいる」
真宗教団連合・法語カレンダー1993年・平成5年4月・信國 淳(のぶくに あつし)1904年、大分県生まれ。真宗大谷派僧侶。1980年、逝去。法語は古稀記念講演録『花咲く生』(大谷専修学院同窓生学習会事務局)から

●「道は近きにあり迷える人は、これを遠きに求む」
真宗教団連合・法語カレンダー1993年・平成5年9月・清沢満之(きよざわ まんし)1863年、名古屋市生まれ。真宗大谷派僧侶。1903年、逝去。法語は『清沢文集』(岩波書店)から

●「この自我この我執おれと一生つき合う相手」
真宗教団連合・法語カレンダー1991年・平成3年2月・相田みつを(あいだ みつを)1924年栃木県生まれ。法語は、『おかげさん』(ダイヤモンド社)から

●「この苦悩においてこそ如来の本願が聞こえてくる」
真宗教団連合・法語カレンダー1997年・平成9年5月・小桜秀謙(こざくら しゅうけん)1906年、愛知県生まれ。真宗大谷派僧侶。1986年逝去。法語は『光に聞く108章』<上>(東本願寺出版部)から

●「不安は私の、いのちやもん不安とられたら生きようがないわ」
真宗教団連合・法語カレンダー1990年・平成2年5月・山崎ヨン(やまざき よん)1916年、石川県生まれ。法語は、『生命の大地に根を下ろし』(松本梶丸編、樹心社刊)から抜粋

●「念仏は身につくべきもので頭で分別(ふんべつ)すべきものでない」
真宗教団連合・法語カレンダー1996年・平成8年3月・瓜生津隆雄(うりゅうず りゅうお)1901年、滋賀県生まれ。龍谷大学名誉教授。1991年、逝去。
法語は、『歎異鈔講話』(百華苑)から

●「人は法を求めるにとどまって法を生きることを忘れている」
真宗教団連合・法語カレンダー1991年・平成3年11月・高光大船(たかみつ だいせん)1879年、石川県生まれ。真宗大谷派僧侶

ご希望の方には、このホームページ以外の文章もお届けいたします。
メールでの質問など、やり取りしております